お客さまへの「不当な不利益」の防止に向けた取り組み

株式会社プロクレアホールディングスは、株式会社青森銀行および株式会社みちのく銀行の経営統合に伴い、お客さまに「不当な不利益」が生じることの無いよう、以下に記載の取り組みを行ってまいります。なお、「不当な不利益」とは、適切かつ合理的な理由なくお客さまが不利益を被ることをいい、具体的には、中小企業(個人事業主を含みます。以下同じ。)向け融資の分野における不当な金利の上昇や不当な保証の徴求などがあります。

 

不当な不利益の防止に向けた取り組みの基本方針を次のとおり定めます。

不当な不利益の防止に向けた取り組みの基本方針

  1. 適切かつ合理的な理由なく、金利の引き上げおよび高い金利の設定、ならびに新たに保証人を立てることを条件とする等、不当な融資条件を提示することはいたしません。
  2. 適切かつ合理的な理由なく、融資取引の拒絶はいたしません。
  3. サービスの質の向上および地域の皆さまの利便性の向上に努めてまいります。
  4. その他、お客さまに「不当な不利益」が生じないよう努めてまいります。

 

不当な不利益防止のため、次の措置をとることといたします。

不当な不利益防止のための措置

  1. 青森県内における中小企業向け融資に係る融資金利および保証条件について、融資審査の際にその適切性・合理性を事前に確認します。
  2. 青森県内の店舗統廃合は、お客さまの利便性に十分配意し、一定の店舗網を維持してまいります。
  3. お客さまへ定期的(年1回)にアンケートを実施し、不当な不利益防止措置の実効性についてモニタリングを行います。
  4. 経営統合および取引条件に関する相談窓口を設置し、お客さまからご意見・ご要望等を収集し、不当な不利益の発生等についてモニタリングを行います。
  5. 弊社内において「基盤的サービス維持・向上委員会」を設置し、不当な不利益防止措置の実効性等についてモニタリングや評価を行うとともに、社外取締役が過半数を占める「基盤的サービス諮問委員会」において客観的な見地からも検証を行い、弊社取締役会に対し意見・提言を行うことで、取り組みの改善に努めます。
  6. 上記措置の運用状況等を定期的に金融当局へ報告するとともに、各種モニタリング状況等の概要を公表します。

 

以上

※弊社が公表している「基盤的サービス維持計画」に、本件取組事項等の詳細を記載しております。

基盤的サービス維持計画

 

<経営統合およびお借り入れ金利等のお取引条件に関するお問い合わせ先>

経営統合へのご意見等のほか、お借り入れ金利等のお取引条件に関するご意見がございましたら、お取引店もしくは下記「経営統合及び取引条件に関する相談窓口」までご連絡下さい。

■経営統合及び取引条件に関する相談窓口(株式会社プロクレアホールディングス リスク統括部)

電話番号:0120-269022 [受付時間:平日9:00~17:00(土日祝日、年末年始(12/31~1/3)を除きます)]

 

<金融庁のお問い合わせ先>

■金融サービス利用者相談室(金融庁)

>電話番号:ナビダイヤル 0570-016811(IP電話などはこちら:03-5251-6811)[受付時間:平日10:00~17:00]